「昨夜」「すぐに」回答を求めてきた産経のフェイクニュース?

 

 

民進党有田芳生氏は、「辻元清美に関する一部報道について」という民進党の告知を3月28日にツイートしました。

 

このツイートは、安倍首相が翌日の決算委員会で記事を使用するために、産経新聞が、スタッフが対応できない夜に質問してきてすぐに回答を求めた、とするもので、フェイクニュースを安倍首相が使ったとする攻撃ツイートの信憑性を補強するための重要なファクトとなっている部分です。

 

 

ツイートを丁寧に読めば、「昨夜」「すぐに」の部分が、読者にいかにもフェイクニュースっぽい印象を与えるために重要な効果をあげていることがわかります。

 

ところが、4月2日の産経新聞、拝啓 蓮舫様 辻元清美氏の「3つの疑惑」記事の抗議ですが、何か勘違いされていませんか?で、この有田芳生氏のツイートはデマであることが判明しました。

 

 私は後輩記者を通じ、3月27日の午後1時半過ぎに、辻元事務所に3項目の質問状を出しました。その際、「午後5時まで」との期限は設けました。

(産経新聞『拝啓 蓮舫様 辻元清美氏の「3つの疑惑」記事の抗議ですが、何か勘違いされていませんか?』)

 

産経からの質問は午後1時半過ぎなのに、事実は一般人にはわからないだろうと思ったのか、有田芳生氏はつい筆を滑らせて、「夜」などとツイートに書き込んだのです。

 

ちなみに御党の有田芳生参院議員は28日のツイッターで、「産経新聞は昨夜質問をしてきて、すぐに回答を求めました」などと書き込みました。午後1時半は「夜」でしょうか。このツイートが出る前に、有田氏から弊社に問い合わせがあったとは聞いていません。ジャーナリストとしても知られる有田氏は、蓮舫さんが大切にする「裏取り、事実確認」をせずに、間違った情報を決め付けて流したのです。

 私は29日、有田事務所に抗議文を送り、その後間違いを訂正するツイートはされたようです。ただし、私に対する直接の連絡はいまだにありません。

(産経新聞『拝啓 蓮舫様 辻元清美氏の「3つの疑惑」記事の抗議ですが、何か勘違いされていませんか?』)

 

この誤りは、安倍首相が何か怪しいことをやっていると印象づけるために重要な部分で、決してケアレスミスなどではありません。

明らかに悪意が感じられます。

何でもいいのでネガティブなネタがあれば拡散して相手を貶めてやろう、と常日頃から考えているからこういう行動になるのでしょう。

 

蓮舫さんは30日の記者会見で、「報道で大事なことはファクトチェック」と語っています。

 

しかし、他人に厳しく自分に甘い民進党の議員は、自分たちは例外と考えているのか、プロフィールに「ジャーナリスト」と書いている有田芳生氏ですら「ファクトチェック」をしないで思い込みでツイートを垂れ流します。

 

一般人ならともかく、やはり現職の国会議員の公式アカウントの発信はこれではマズイのではないでしょうか。

 

 

デマは大きく訂正はこっそり

 

産経に抗議文を受け取った有田芳生氏は、29日に訂正のツイートをします。

 

 

ですが、理不尽だと思うのは、

最初のデマツイートは、現時点で1969リツイート、969いいね、も付いているのに、

訂正ツイートは、27リツイート、26いいね

しか見られていないことです。

 

訂正は、リツイート数にして73分の1の人にしか見られていないわけです。

 

デマは大きく訂正はこっそりの典型ですね。

 

こうしたことも産経新聞の記者さんは腹に据えかねて、4月2日の記事を書いたのかもしれません。この記事によって、有田芳生氏のツイートがデマであることが皆にバレてしまいました。

 

フェイクニュースと安倍首相を貶めたツイートで、逆に自分のツイートがフェイクであることがバレてしまう、といういつもながらの民進党議員の、みごとなブーメラン炸裂といった笑えないオチでしょうか。

 

 

JUGEMテーマ:民進党


スポンサーリンク


 

 

青山繁晴さんが語る「籠池証人喚問の裏」

 

『昼間っから激論バラエティ 胸いっぱいサミット!』とは、関西テレビ(カンテレ)で1994年1月15日から毎週土曜日の午後に放送されているバラエティ番組。以前のタイトルは「たかじんの胸いっぱい」であり、やしきたかじんの冠番組であった。通称『胸いっぱい』。

関西テレビの長寿番組の1つで、2003年4月以降の放送時間は12:00 - 13:00  (ウィキペディア)

 

 

 

4月1日の『昼間っから激論バラエティ 胸いっぱいサミット!』に、青山繁晴さんが登場、「籠池証人喚問の裏」を語りました。

 

 

民進党の現職の国会議員が青山さんを貶めるためにデマをとばす

 

文字書き起こし:以下略ちゃん (『昼間っから激論バラエティ 胸いっぱいサミット!』2017年4月1日放送より)

 

青山繁晴「いかに国会が今ひどい状況かというのを、僕はあえて自分を題材に申し上げたいんですけどね。今ここに映ってますよね。で、僕、予算委員です、ね。そしたら民進党の現職の議員が、ネットに、青山は籠池さんから避けるために隠れてたと、いうのを、今やってるんですよ。

しかし、僕はいつも普段こういう姿勢なんですよ。他の議員の方はテレビに映ろうとします。僕は映りたくないんでいつもこういう姿勢で、そしてその後、いまノートをお見せしますけど、ずっと下を向いて自分のメモ取るんですよ。

それをうつむいて目が合わないようにしてた、逃げてたと。もう一回言いますよ。評論家とかね、ネットの住民がいくらでも書いてもいいんすけど、民進党の現職の議員がそれやるんですよ

増田英彦(ますだおかだ)「ま、この辺はいつも通りの感じだったということですね?」

青山繁晴「他の時に予算委員会に来てない人だから。いつもこうです。はい」

増田英彦「わかりました、お座り下さい、はい」

(中略)

 

青山繁晴さんが、証人喚問時に議場で書いていたノート

 

 

青山繁晴さんが語っているのは、民進党の参議院議員の有田芳生さんが、一生懸命に何度もリツイートして拡散しているこのツイートのことだと思われます。

 

 

青山繁晴さんが証人喚問時にいつも籠池理事長の視線から隠れて座っていた、チキンハートで書くふりをしてずっと隠れていた、と揶揄する、YouTuberが作った動画です。

 

このYouTuberが投稿している動画は9本で、そのすべては青山繁晴さんを揶揄する動画です。

 

この動画のツイートを有田芳生議員はエゴサーチして探し出し、何度もリツイートして必死に拡散しています。

 

 

 

この動画のツイートだけを探してきては何度も繰り返しリツイートしています。

裏取り、証拠はあるんでしょうか?

 

 

やっぱり病気の疑いがある

 

文字書き起こし続き

 

青山繁晴「民進党の議員がそういうこと言う理由は、もう一つあってですね、

僕は何年か前に、民間人のときに、塚本幼稚園で講演してるんですよ。だから、それが知られたくないからこうやって隠れてたと言ってるんですけど、

全然そんなことは知られてますし、あえて言うと、父兄のために行って、父兄が国を愛せる子供を作りたいと思って、いろんなお考えはあるでしょうけども、あの時の父兄の目の輝きは本物なんで、今この瞬間も通ってる父兄と子供がいるんで、そういう人たちがいじめにあわないためにも、その講演したって何もまったく問題ないわけです。

しかし、僕は知らなかったこともいくつもありますね。ネットで僕は教育勅語暗唱しても正しいと言ったんです。それは何も考え変わらない。でも、たとえば安倍さんの名前を子供に言わせたり、それから安保法制が通ったと言わせたり、それははっきり言って最低のことですね。それは運動会でしたから、正直僕は知りませんでしたが。

あと、もっとひどいと思ったのは、もっとというか同じくらいひどいと思ったのは、ホームページに天皇陛下が塚本幼稚園に行幸されたと書いてあったんですよ。で、それをこの理事長は。でも言っときますが、ひとつ悪いからと言って全部悪いにしないでくださいね。国を愛する子どもを作りたいと思ったのは、この理事長も僕は同じだと今も信じていますよ」

増田英彦「ただ、青山さん的にも知らないことがいっぱいあったと?」

青山繁晴「でも、これはちょっとね。やっぱり病気の疑いがあると思うのは、

これ、なんとホームページに書いてあったかというと、『1986年5月の全国植樹祭で天皇陛下が塚本幼稚園におみえになって、園児たちがいろいろお渡しした』と書いてあるわけです。

これ調べたらですね。この時(証人喚問時)はまだ僕は知りませんよ。でも、本人(籠池理事長)は忘れたと言われて、知らないって言われて。

後で調べたら、大阪におみえになっているんです天皇陛下が。関係者にさらに聞いたらですね、要するに、難波かどこかわかりませんけど、陛下が大阪におみえになった時に、塚本幼稚園から子どもを連れて行って、子どもたちが旗を振ったりしたのが、いつの間にか幼稚園に来られたという話になってんです。

これ思い当たりません? 世の中にそういう方、いらっしゃいますよね。いつの間にか自分で信じてしまう、ことを創っていく。そういうことがスルッと予算委員会でスルーされて、百万円とかそういうことだけが残っていくっていうのは、もともと話の信憑性が違うんじゃないんですかということ。

だからここ(番組のフリップを指差し)『怒り』と書いているけど、僕は本当は哀愁の『哀』を書いてほしいんですよ、人間、そういうウソをつくじゃないですか」

増田英彦「理事長やったら、これくらいのホームページのことは知ってたんじゃないのかと」

青山繁晴「知ってますよ、それは。そんな、でかい学校じゃないんだから」

(以下略)

 

 

まとめ

  1. 青山繁晴さんはテレビに映りたくないので他の議員のようにカメラ映りを気にしない。
  2. 議場ではいつもノートにメモをしている。証人喚問時もメモをしていた。
  3. 青山繁晴さんを中傷する動画だけをあげているYouTuberが動画を切り取り、いいかげんな解釈の説明文を付けた動画を投稿した。
  4. 同じ参議院議員の民進党の有田芳生さんが、事実関係も確認せずに、その動画をエゴサーチして、ツイートを複数回リツイートして拡散した。

 

問題の動画は、青山繁晴さんが、国会の他の委員会でいつもどのような対応なのか、についてはまったく触れずに無視、思い込みだけでコメントをつけています。青山さんがノートを付けていることも知らずに、「書いているフリをして」などとデマを飛ばしています。

本人に、取材すらしないで憶測で作られた動画です。

 

悪質なのは、それを裏も取らずにSNSで拡散する民進党の現職の参議院議員です。

 

民進党の議員は、表向きはファクトだなんだと言いながらも、現職の参議院議員が、その真偽も確かめずに、憶測で他の参議院議員を貶めるようなツイートを繰り返し、イメージ操作を一生懸命に行っているんですね。中学生かと思います。いつもながら、そのレベルの低さには呆れてしまいますね。

 

 

JUGEMテーマ:森友学園

 

★こんには、さん、netgeek(ネットギーク)が拡散しているとの情報コメントありがとうございます。

netgeek(ネットギーク)は、私の「れんほう♡」画像もパクってますね(笑)

アクセス狙いのデタラメメディアは好ましいことだとは思いませんが、この記事では、あくまでも、「現職の民進党参議院議員が公式アカウントで、情報の裏も取らずに拡散しているのは何なんだ」という怒りをぶつけたものです。

 

★ひ さん、有田芳生さんの検索はエゴサーチではない、とのご指摘ありがとうございます。確かに、

エゴサーチ (egosearching) とは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名で検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。略してエゴサともいう。私、自分、自己を意味するラテン語由来のエゴ(ego)と、検索することを意味する英語のサーチ(search)とを合成した単語で、「自分検索」「自己検索」などの意である。

とされています。

有田芳生さんの場合は特殊でして、対立する相手を貶めれば自分の評価が上がる、と考えていると私は分析しておりまして、有田さんにとって対立相手の検索は広義の自分探しの一部ですので、「自分の評価の確認」行為と解釈して「エゴサーチ」といたしました。

「先日も同じことを書き込んだような気がしますが、
反映されていないようなので再度書き込みます。」

と書かれてますが、届いている書き込みは2017/04/04のひとつだけです。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 

衆議院国土交通委員会 2017年3月29日 (水) 足立康史議員(日本維新の会)

 

 

29日の衆議院国土交通委員会で日本維新の会の足立康史議員が、森友学園の土地の隣の、豊中市の購入した土地の14億円の価格設定について質問を行いました。

以下にそのポイントをまとめました。

 

地域活性化・公共投資臨時交付金の金額が決定した時期について

  1. 民進党 玉木雄一郎委員が足立康史議員の前に地域活性化・公共投資臨時交付金の時期について質問。政府からの答弁は、「これは麻生政権の補正予算で平成21年5月の閣議決定」。
  2. 玉木委員は交付決定はいつかとも聞いた。回答は「交付決定は平成22年の3月12日」、これを玉木委員はスルー。
  3. 平成21年8月末に解散総選挙があり民主党政権に政権交代。
  4. 豊中市が初めて野田中央公園の土地の話を航空局に持ち込んだのは、平成21年9月11日。
  5. 4日後の9月15日に航空局は近畿財務局に話を持ち込んだ。
  6. その3日後に、辻元清美さんが国交副大臣になった。
  7. 半年かけて調整があり平成22年の3月12日に交付が決まった。(購入したのは3月10日)

 

足立康史議員の仮説

  1. 豊中市の14.2億円は、周辺の価格から決定したものではない。随意契約なので、相対で価格調整した。豊中市が14.2億円という価格を入れた。
  2. 国交省の2分の1補助制度はずっとある。そこに地域活性化・公共投資臨時交付金の6.9億を足し算して、2千万円だけ足して14.2億円にした。
  3. この周辺は辻元清美議員の庭である。
  4. 地域活性化・公共投資臨時交付金は豊中市に関しては野田中央公園の他、小中学校の耐震補強などの案件全体として9億9701万円。
  5. 民主党政権のときに、9.9億を上限として豊中市に配分した。この補助金は用途が限られているため、他で3億円使ったが、6.9億円が余った。豊中市は土地の価格を上げたかったのでこの6.9億円目いっぱいに、国交省の2分の1補助制度の7.1億円を足して14億円という数字ができた。
  6. つまり14.2億円は国の補助制度が作った数字。実勢の土地価格ではなかった。
  7. この価格で売買が成立したことによって周辺価格は値上がりした。

 

なぜそんな高い価格に設定したのか?

 

なぜ、わざわざ豊中市が自分から高い価格に決めたのかという理由につきましては、

 

須田慎一郎さんの虎8(【DHC】3/24(金) 武田邦彦・須田慎一郎・居島一平【虎ノ門ニュース】)での説明がわかりやすいです。

須田さんの解説によりますと、

 

  1. その土地の売買の価格を下げてしまうと、公示価格は近隣の価格を比較して決定するので低い方に引っ張られてくるため、周辺の住宅地の価格が値下がりして個人の資産が目減りしていく。クレームが出る。
  2. 公示価格が全体的に下がると、固定資産税が減ってしまう。

 

ということです。

 

 

まとめ

 

つまり、いつも森友学園の土地取得価格と比較される隣の豊中市の野田中央公園の14.2億円というのは、理由があって高値の14.2億円に設定されたもので実勢価格ではなかった、というのが足立康史議員の仮説です。

その14.2億円の売買により吊り上げられた周辺価格で、森友学園の最初の9.6億円が計算されたということになります。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:森友学園


スポンサーリンク



時計


【お願い】記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載はお断りします。

かわいいネコのおにぎり


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

当ブログ内の記事検索

1日から使える 通話し放題

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【森友学園国有地売却問題】衝撃の新事実、森友学園への売却価格は近隣地より5.8倍の高値だった、豊中市の価格は2300万円
    アルマジロ
  • 買って損した100均グッズ
    村雨
  • 加計学園の銚子の千葉科学大学についてフェイクニュースが目に余るのでとりあえず事実を詳しく整理してみました
    山路 敬介(宮古)
  • 【謎の民進ブーメラン?】玉木雄一郎さんが提案した革新的な獣医学部ができるのに、なぜか玉木さんが問題視
  • 沖縄タイムスが八重山日報の配達をするなと小売店に圧力、これって独占禁止法違反? 調べてみました
    のらくろ准佐
  • 【森友学園国有地売却問題】衝撃の新事実、森友学園への売却価格は近隣地より5.8倍の高値だった、豊中市の価格は2300万円
    東郷ビール
  • 沖縄タイムスが八重山日報の配達をするなと小売店に圧力、これって独占禁止法違反? 調べてみました
    ボギー大佐
  • 青山繁晴氏、関西テレビ『胸いっぱい』で現職民進党議員(有田芳生氏?)のネットデマ工作を批判
  • 青山繁晴氏、関西テレビ『胸いっぱい』で現職民進党議員(有田芳生氏?)のネットデマ工作を批判
    こんには
  • (推理)元辻元清美秘書の川口洋一高槻市議が辻元清美への報告役?
    名無し

Profile

モノを売らないフリーマーケット

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーリンク