フジテレビMr.サンデーの3月5日の放送で、話題の森友学園の新しい小学校、瑞穂の國記念小學院の校歌が、舟木一夫さんの「あゝ青春の胸の血は」だとして揶揄するような放送を行っていました。

 

 

Mr.サンデーは、作為的なおどろおどろしいナレーターの口調で次のように語ります。

 

Mr.サンデーナレーター「2年前の映像の中で発見したのは、」

女性?の声瑞穂の國記念小學院では、この曲を校歌として採用させていただきます。」

「輝け 生命の歌声に♪」

Mr.サンデーナレーター「舟木一夫の、あゝ青春の胸の血は、という53年前の曲を採用すると発表した。これを小学生が歌うと言うのか!

 

視聴者に、舟木一夫の53年前の曲を歌わせる異常な小学校、と思わせる番組構成なのですが、

 

わたしは、ここにとても違和感を感じました。

 

 

わたしは舟木一夫さんをよく知りませんが、この歌が小学校の校歌にふさわしくないかのようなMr.サンデーの放送も、納得がいくような根拠が語られているものではありませんでした。

 

ほんとうにMr.サンデーが言うように、小学校の校歌としてふさわしくないものなのか、調べてみました。

 

 

 

舟木一夫「あゝ青春の胸の血は」

 

 

「ああ青春の胸の血は」は、監督:森永健次郎、脚本:才賀明の1964年(昭和39年)の邦画です。

【ストーリー】
東都大学のボート部員清水邦夫(山内賢)は練習の帰り道、少女を助けた。それから数日後、少女は邦夫を訪ねて来た。少女は西沢友子(和泉雅子)という玩具工場の女工だった。友子に愛情を感じる邦夫だったが、友子は自分の過去を語ろうとはしなかった。ボーリング場に出かけた二人は、友子の友人と称するチンピラに、声をかけられた。邦夫は、「友子は感化院(児童自立支援施設)上りだ」という勇の言葉に悩む。友子は、貧しい家庭に育ち感化院送りとなった過去を邦夫に知られたことは大きな痛手であった。自暴自棄になる友子。幼な友達でクリーニング店に勤める修二(舟木一夫)と邦夫は、友子を更正させることが出来るのだろうか…。

【キャスト】
山内賢/和泉雅子/舟木一夫/亀山靖博/進千賀子/東野英治郎/小高雄二

原作はなく、才賀明のオリジナルストーリーだということです。

当時はまだカラーテレビが各家庭には設置されておらず、映画館が町々にあり、このような青春映画が多く作られ、人々は日曜日や平日の夕食後などに詰めかけたようです。

 

 

 

同名タイトルの歌は、この映画の主題歌になります。

 

「ああ青春の胸の血は」

  作詞:西沢爽 作曲:遠藤実 編曲:福田正
一 溢れる若さ あればこそ
未来に 向い われら立つ
海の太陽 山の雲
輝け 生命の歌声に
あゝ…青春の胸の血は
夢ひとすじに 燃えるもの
二 親しき友の かなしみを
励ます言葉 尽きるとも
光れ 銀河よ 友情の
涙を夜空に ちりばめて
あゝ…青春の胸の血は
夢ひとすじに 燃えるもの
三 瞼にあわき 花すみれ
ゆきずりの 君 今いずこ
虹は消えても 若き日の
はかなき 思い出 忘るまじ
あゝ…青春の胸の血は
夢ひとすじに 燃えるもの

(注:JUGEMブログはJASRACと歌詞掲載利用許諾契約を締結済み)

 

歌詞を見てみると、青春時代の友情や夢を語る内容になっています。

 

 

 

最近のヒット曲とは違って、派手さはありませんが、実に奥深い美しい日本語の歌詞のように見えます。

 

歌詞の視点は、大人になってから青春時代を振り返る、というような内容になっていますので、小学生にはすぐには理解ができないでしょうが、大人になった時に歌詞の意味がわかるような含蓄のある文章です。

 

小学校の校歌としてふさわしくないような部分はどこにもないように思うのですが、フジテレビMr.サンデーは何がおかしいと感じているのでしょうか?

 

 

 

紫綬褒章作詞家と国民栄誉賞作曲家

 

作詞の西沢爽(にしざわ そう)さんは本名、西澤 義久(にしざわ よしひさ)、1919年(大正8年)1月9日生まれの作詞家です。

 

東京府出身で、1954年(昭和29年)から日本コロンビアの専属となり、小林旭、小林幸子、こまどり姉妹、島倉千代子、千昌夫、ちあきなおみ、美川憲一、美空ひばり、村田英雄など、そうそうたるメンバーに歌詞を提供したようです。

 

他には、「燃えろ近鉄バッファローズ」や東京都目黒区の歌「めぐろ・みんなの歌」などに関わっており、かなり有名な人気作詞家だったようです。

 

日本音楽著作権協会理事なども務め、1982年(昭和57年)には紫綬褒章、1994年(平成6年)には勲四等旭日小綬章を受賞しています。

2007年、敗血症のため81歳で亡くなっています。

 

 

作曲の遠藤実さんは、1932年(昭和7年)、東京、向島区(現墨田区)の生まれで、17歳でギターを持って歌う流しの演歌師となり、1956年(昭和31年)に作曲家としてデビュー。

 

作曲した楽曲は5000曲以上、舟木一夫、千昌夫、森昌子など多くの歌手にヒット曲を提供しました。

 

2008年12月6日に、急性心筋梗塞のため76歳で亡くなっています。

 

2008年12月9日には、数々の楽曲で大衆音楽発展に尽くした功績をたたえ正四位に叙し、旭日重光章を授与。翌年、2009年には国民栄誉賞を受賞しています。

 

作詞、作曲ともに、びっくりするような著名な大御所のようです。

 

「ああ青春の胸の血は」は、小学校の校歌としても非の打ち所がない楽曲のようです。

 

この曲に古さを感じるとしたら、それは舟木一夫さんの歌っていた当時の編曲の問題で、今風にアレンジすれば済む話です。

 

というか、小学校の校歌に新しさを求めることじたいがナンセンスです。

 

 

森友学園を叩ければよいとするマスコミは、ほんとうに異常です。

 

国民栄誉賞受賞の作曲家が作った楽曲を、どうしてバカにするのでしょう。理解ができません。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:森友学園


スポンサーリンク


 

 

フジテレビMr.サンデーが事実確認せずに「虚偽」で森友学園の入学説明会が異様だと印象操作

 

3月5日放送のフジテレビMr.サンデーで、入学する気もないのに寄付集め目的で入学説明会に潜入して追い出された劇作家の、「(女優を妻とした)虚偽」インタビューを放送しました。

 

宮根「こんばんは。まずは国有地の売却問題で渦中の学校法人、森友学園。今日、厳戒態勢の中、保護者への入学説明会が行われました。ミスターサンデーはその入学説明会の音声を入手したんですが、まあ、異様な光景、実態が見えてきました。」

ナレーター「建設中の校舎に集まったのは5組ほど、そこに籠池理事長夫妻の姿はなかったというが、…」

 

 

ナレーター「そして説明会が異様な空気に包まれる場面も。」

隠し撮り音声(学校側、女性)「すいません、少しよろしいでしょうか?」

保護者「はい」

隠し撮り音声(学校側、女性)「ちょっと手帳おみせしていただいてよろしいでしょうか?  すいません。」

保護者「・・・」

隠し撮り音声(学校側、女性)「すいませんが、お引き取り願います。」

保護者「はい」

ナレーター「メモをしていた保護者の一人が、とつぜん説明会から、追い出されてしまった。話を聞くと。」

 

 

 

ディレクター「なんで追い出されたんですか?」

保護者「えーと、まあ、えーと。いったん説明中に、あのー、メモをとってたんですけれども、妻がメモを取ってたんですけれど。その間に、説明のお話を聞かないならお引き取り願いますかというかんじで。僕も割りとパンフレットを真剣に読みながら耳で聞いてたんですけど。こっちだって怖いし、もめたくないので、なんで追い出すんですか? とは聞かずに、素直に出てきましたけど」

 

 

 

 

ナレーター「さらに、説明会が始まる前には。」

保護者「身体検査。携帯と財布を鞄の中に置かれて、えーとこう、普通にチェックされました」

報道「手で触ってということだよね?」

保護者「はい。手で触ってです。」

保護者「報道陣が紛れているという警戒心でやったんじゃないかと思います。」

ナレーター「なぜ、ここまでして厳戒態勢を取るのか…」

 

 

 

この保護者とされるインタビューの男性は、笑の内閣の演出家、高間 響さんで、4月に韓国で、5月に京都で「ツレがウヨになりまして」という、彼氏がネトウヨになって困るというお芝居を上演するための寄付集めのために、売名目的で説明会に潜入したと公表しています。

 

 

音声を隠し撮りして小遣い稼ぎにマスコミに売る目的だった

部屋に入ろうと思ったら、なんとボディーチェックをするというではないですか、どこまで警戒すんねんという話です。しかし、私の鞄の中にはICレコーダーが、うまくとれたら小遣い稼ぎにマスコミに売ったろかとか、本当にヤバい発言がとれたらうちの劇団をよく見に来てくれる議員さんに提供でもしようかなと思っていたのですが、置いていくしかないので鞄を置き、ボディチェックを受け(ああ、パンツの中に入れておけば良かった)ました。ちょっと甘過ぎました。これは後悔してます、

森友学園 瑞穂の国記念小学院の入学説明会に行ってきました

 

フジテレビMr.サンデーは、こうした事実を確認せずに、森友学園の入学説明会がとても異様なものであったとする印象操作目的で自称保護者のインタビューを利用したのではとの疑惑が持たれています。

 

 

 

高間 響さんの主張「同行している女性が妻とは一言も言ってない」

 

そして、当日。劇団の女優とともに、駅で待ち合わせして向かいます(それじゃ嘘じゃねえかと思われるかもしれませんが、確かに私は家族の名前を正直に書きましたが、同行している女性が妻であるとは、一言も言っていないので嘘ではありません、HPにもどなたでもお越し下さいと書いていたので、同行する女性が必ず保護者じゃなきゃダメですと書かれていた訳ではありません)。森友学園 瑞穂の国記念小学院の入学説明会に行ってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

女優を妻と偽って帯同させ保護者として、クラウドファンディングのための売名行為目的で潜入した高間 響さんは、民進党有田芳生議員の支持者だそうです。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:森友学園


スポンサーリンク


 

 

GPIF年金運用、四半期としては過去最大の黒字

 

 

年金損失5兆円?

民進党は(2016年8月)1日、「年金損失『5兆円』追及チーム」の会合を国会内で開き、厚生労働省と年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)から説明を聞いた。あいさつする初鹿座長。って、漫才ですか。長期投資を短期の値動きで判断しようとするこの追及チームこそ、税金の無駄。

 

 

 

(http://www.gpif.go.jp/operation/highlight.html より)

 

公的年金の積立金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)によると、2016年10〜12月までの運用実績は、10兆4,973億円の黒字で、収益率は+7.98%だった。
収益額、収益率ともに、四半期としては過去最大の黒字で、2001年度以降の収益額は、累計53兆円を超えた。
GPIFは、アメリカのトランプ大統領が当選を決めたあと、経済対策への期待感から、アメリカの株価が大幅に上昇するなど、世界的に株高が進んだことなどが要因と分析している。(FNNニュース)

 

2001年からの累積収益額は53兆円

(http://www.gpif.go.jp/operation/highlight.html より)

 

 

デフレでなければ株式で年金を運用していれば、長期では必ず利益が出ることは確実です。

NYダウは右肩上がりで最高値更新中ですし、日本の国内株式は円安、円高で上下するものの基本的にNYダウと同じような値動きをします。

短期で売買をするのでなければ、資金の潤沢なプレーヤーは長期では必ず利益が出るのです。

 

 

これを第1四半期の結果だけを取り出して、有権者の不安を煽り、自分の選挙に利用しようとしたのが民進党の有田芳生議員です。

今から、わずか8ヶ月前のことです。

 

 

GPIFは、株式をギャンブルのように短期売買しているわけではないのですから、「この三ヶ月(第1四半期)だけでさらに5兆円の損失」というのは誤りです。下がった所で買い増しをする運用をしていれば、後に株価が戻れば利益は増えます。

 

 

 

 

「5兆円の年金基金が溶けて、その多くが外国人投資家のもとへ。」

何を言っているのか、さっぱり理解ができません。

 

 

 

有田芳生さんは選挙に当選した後は、この話題には触れようともしません。

 

 

安倍晋三さんをいくら攻撃しても、有田芳生さんの評価には繋がらないことに、早く気がつくべきです。

 

100%を国債で運用するほうがよいとの主張なのでしょうか?

 

それともGPIFの運用より優れている運用方法があるという主張なら、具体案を述べればいいわけで、それが納得できるものであれば評価されるでしょう。

 

その場の選挙目当てに、何もわからない支持者の不安を煽って、自分の票に繋げようとすることはいいかげんにやめるべきです。

 

 

こうしたことを指摘すると「匿名卑怯」とか、わけのわからないことを言ってブロックしてくるのが有田芳生議員です。

 

 

 

2010年の選挙で、有田芳生と投票してしまったので、ウォッチしているだけなんですけどね。

 

 

 

ブロックしてツイートを隠蔽しようとしてもブログには引用されてしまいますので無駄です。

 

 

 

 

 

 

 

 

株式には、配当というものがあります。配当は業績に左右されますが、株価の上下とは直接関係がありません。

 

この配当や利子が、現在、安定的に毎年2兆円ほど積み上がっているそうです。

 

短期売買を目的としていないGPIFの株式投資が危険だとする民進党や共産党の主張は説得力がありません。

 

 

 

 

 

 

短期的な値動きで大騒ぎすれば、いずれ株価が上昇した時にこうして墓穴を掘ってしまう、こうしたリスクすら予測できない政治家は政治家に向いていないと思います。

 

 

JUGEMテーマ:民進党

 

 


スポンサーリンク



時計


【お願い】記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載はお断りします。

かわいいネコのおにぎり


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

当ブログ内の記事検索

1日から使える 通話し放題

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【森友学園国有地売却問題】衝撃の新事実、森友学園への売却価格は近隣地より5.8倍の高値だった、豊中市の価格は2300万円
    ぼのぼの
  • ニュース女子検証番組で明らかになったずさんなMBS「沖縄 さまよう木霊」の救急車デマ取材方法
    ツチダ
  • MBS「沖縄 さまよう木霊」、「新沖縄通信」など「ニュース女子」バッシング番組の偏向ぶりがねつ造レベル
    はせこう
  • 【森友学園国有地売却問題】衝撃の新事実、森友学園への売却価格は近隣地より5.8倍の高値だった、豊中市の価格は2300万円
    佐藤
  • 【森友学園国有地売却問題】衝撃の新事実、森友学園への売却価格は近隣地より5.8倍の高値だった、豊中市の価格は2300万円
  • 「ニュース女子」民進党の本村賢太郎衆院議員が片方の主張だけを採用して一方的に行政指導を促す質問を国会で行い批判集まる
    ボギーてどこん
  • 拡散希望【要注意】一部で流れている東京新聞の1月24日付けアパ「南京大虐殺」記事についてのデマについて
    特定アジアニュース はな
  • MBS「沖縄 さまよう木霊」、「新沖縄通信」など「ニュース女子」バッシング番組の偏向ぶりがねつ造レベル
    ありんくりん
  • 有権者をTwitterブロックする勘違い議員に批判の声高まる。国会議員にブロックする権利はない
    seiichi
  • 蓮舫の顔写真入りキットカット 民進党議員のおやつも税金かな?
    seiichi

Profile

モノを売らないフリーマーケット

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーリンク